メニュー

「ki-bakoの家」 セミオーダー住宅

さな家でかな暮らしを。

ki-bako

 

丈夫な外箱+パーツ+南の大きな窓+板をあしらった外壁+1本の樹。

 

そのカタチはとてもシンプルです。

 

大きな窓からは緑と風を感じ、四季を楽しむことが出来ます。

 

豊かに暮らす答えは、しつらえや景色から生まれる心地よさにありました。

 

「木箱の家」は、そんな暮らしを形にした家です。

 

 

 

木箱の家づくり

「木箱の家」には、方程式があります。
 
「木箱の家」には、しっかりした箱(構造)の中に、
 
パーツ(手作り家具)を「配置」・「置く」・「飾る」という考え方で家づくりが出来る仕組みになっています。
 
好みやセンスで、自分流にカスタマイズできるのも人気の秘密です。
 
「木箱」には小さいからできること、小さいから生まれる広がりがたくさんあります。
 
小さな家はムダを省くことで様々な面でゆとりが生まれ、余暇を楽しんだり、家族との時間を充実させたり…。
 
「ki-bakoの家」は、おかにわの家づくりをそのまま企画化して生まれたセミオーダー住宅です。

Kibako

 

木箱の家って?

「木箱」は、「自然と繋がる暮らし」をデザインした家です。

conc1

 

風が通り抜ける窓の配置。

「太陽エネルギーを利用する装置」を取り入れた、パッシブな暮らし。

シンボルツリーのある庭。

夏の強い日差しを避け、冬の暖かい光を取り入れる庇。

 

太陽の熱、光、風…地域特有の自然を理解し、自然エネルギーを上手く取り入れた快適な暮らし…。

 

「ki-bakoの家」は、そんな暮らしのご提案です。

 

 

 じょうぶな「はこ」

 

お家私たちがつくる「木箱の家」は、シンプルでコンパクトな家だけれど、とても丈夫な「箱」でできています。質の高い「木の箱」です。

 

しっかりした「箱(構造)」をつくっておけば、間取りは、後からでも可変できます。「木箱」は、家族とともに成長し、変化していく家なのです。

 

「木箱の家」では、耐震性、耐久性、可変性、劣化性能、省エネ性など岡庭の家づくりをそのままプロダクトしています。

 

そして家に求める性能として、国が定めた「長期優良住宅」適応レベルの“性能”を維持しています。

 

 

Ki-bakoパーツって?

 

kibakop「ki-bakoパーツ」は、キッチン、洗面のほか、テレビ台や下駄箱、テーブルベンチなど…

岡庭の家づくりの中で生まれてきた家具や設備などを規格化したものです。

「大工さんがつくるオリジナル家具」という、一つ一つ職人さんが手でつくる、質の高さとハンドメイド感も魅力です。 

 

 

オープンルーム

 

kibakoo

右の写真ような広いがらんどうの部屋を「オープンルーム」と私たちは呼んでいます。家具も壁もない空っぽの空間です。

 

ここに、お気に入りの家具やki-bakoパーツを置いたり、家族構成や成長に合わせて間仕切りったりすることで、住まい手に合わせてレイアウトできるのが「オープンルーム」の特徴です。

 

例えば、お気に入りのものを持ち寄ってみんなが集える趣味のスペースにしたり、家具で間仕切って寝室と子どものプレイスペースにしたり、壁をつくって家族それぞれの個室にしたり…。

 

使い方は、住む人に合わせて何通りも考えられます。

 

それぞれの家族ごとに人数やライフスタイルが異なるように、家もそれに合わせて変えられるのが「木箱の家」の特長です。 

 

img20120903

 資料請求

 

conceptb

家の広さだけが、暮らしの心地よさや豊かさを決める物差しでしょうか。
色々なことをあきらめるのではなく「ほんとうに必要なものは何か」を見出しシンプルに暮らすこと。
それが「木箱の家」の家づくりです。

「おかにわの家」を’規格化した’新たな住まい・暮らし。
それが、小さな家で小さなコスト「ki-bakoの家」です。

 

 その全てが右の「木箱の家コンセプトブック」に詰まっています。

コンセプトブックは資料請求よりお求めいただけます!(無料)

 


「木箱の家」のバリエーション