メニュー

スタッフブログ

デッキのお手入れ

岡庭建設の前には小さなウッドデッキがあり

 

季節のお花が、私たち社員だけでなく行き交う人の目を癒し、休めてくれています。

 

街道沿いに面している私たちの会社ではありますが
小さな空間でもホッと一息できると思うのは私だけでしょうか。

 

 

ウッドデッキは、大きい小さいではなく存在していることだけで心のゆとりになるんだな〜といつも感じています。

 

さて、そんなウッドデッキも自然素材。時にはお手入れも必要です。

 

この日は、おかにわリフォーム工房のベテランスタッフが自然塗料の塗り直しをしてくれていました。

 

施工してから初めてのメンテナンス。3年目位のお手入れかな?

 

 

施工前はこんな感じです。

塗装が剥げているところから水が入り腐敗の原因となります。

 

 

まずは、丁寧にペーパー(紙やすり)をあてていきます。

 

表面が整ったところで、今回使用するのは自然塗料「タヤエクステリア」。

 

ローラーを使って軽く、薄く塗っていきます。

 

BeforeとAfterの違いはこんな感じです。

 

 

乾いてから2度塗りをして完成です。

 

自然塗料のいいところは、何と言ってもにおいがしない。肌についても安心。

 

そして木も呼吸が出来るそうで、人にも素材にも優しいところ。

 

そんなことを思いながらお手入れをすると、やさしい気持ちになれますね。

 

ぜひみなさんもお試しください!

 

自然塗料のお求めは、eco-niwa shopで。

 

 

広報 こしなか

 








こちらの記事もどうですか?:


    木に最も適した安全な油性塗料、オスモカラー木は呼吸している再生可能な自然の植物油(ひまわり油、大豆油、アザミ油)と自然の…


     ドイツのエコロジー博士たち(全員女性)が作った自然塗料1972年に、ドイツで数人のエコロジー博士たちが「温故…


    ウッドチップ壁紙(天然壁紙)のオガファーザーオガファーザーとはオガファーザーは、1864年、ドイツにあるブッターバール市…


     隠れたエコロジー素材、コルクコルクは樹皮を採取した後も親木を枯らさず、9年ごとに繰り返し再生する強い生命力を…


     キヌカの主原料は米糠です。私たちの主食であるお米、を精米すると米糠が出ます。昔の人は床や家具をこの米糠で磨い…