メニュー

スタッフブログ

401Kって何? その4

今回は確定拠出年金の内容についてです。

 

確定拠出年金には企業型と個人型があります。

 

企業型は会社が確定拠出年金制度を取り入れて行います。

会社が掛金を支払いますが、その掛金の運用方法は従業員が選択します。

そして、60歳以降にその運用した掛金を受け取ることが出来ます。

 

会社が退職金の資金を積み立て(掛金)、60歳以降に退職金として受け取るイメージです。

ですが、運用方法は従業員が選択しますので、運用益が大きければ、それだけ受け取る金額も大きくなります。

*元金割れすることはありません

 

次に個人型です。

個人型と企業型の大きな違いは、掛金を自分で支払うということにあります。

あとは、運用先が異なるなどがありますが、基本的に企業型と同じです。

 

とりあえず今回はここまで。

次回もう少し詳しくみてみます。

 

 

 

 

投資をしている人のイラスト

 

豊村








こちらの記事もどうですか?:


     おかにわの取組・企業姿勢が評価されました!      東京都信用金庫協会 優良企業表彰式って?東京都信用金庫協会 優良…


      岡庭建設株式会社は、地域工務店として 低炭素社会に向けた住まいと住まい方を提唱し、 より良い環境社会実現に向けた活動…