メニュー

スタッフブログ

401Kって何? その10(金融機関の選び方)

今回もiDeCoを始める際の金融機関の選び方です。

 

ポイントの二つ目は、商品の種類です。

金融機関ごとに扱っている商品の種類や数が異なっています。

 

また、商品によっては、保有している間、前回の運営管理費用とは別の手数料がかかるものもあります。

確定拠出年金には、元本確保型(定期預金や年金保険等)と元本が確保されない商品(投資信託)があるのですが、この元本が確保されない商品については、運用手数料がかかります。

 

この運用手数料の中で一番大きな手数料といえるのが、信託報酬です。

 

信託報酬は、金融機関によって率が変わります。また同じ金融機関でも扱う商品によっも率が変わります。

どの金融商品もそうですが、ハイリスクハイリターンかローリスクローリターンというわけです。

 

投資信託系の商品の場合、信託報酬があり、金融機関及び商品により率が違うということをしっかりチェックしてください。

 

メニューを選ぶ家族のイラスト

 

豊村