メニュー

R-eco houseだより

「ツナガル」開催報告 6/19(火) [Sakie’s kitchen]

[Sakie′s kitchen]

 

「ジャージャー麺を作ろう」

手作り肉味噌あんをたっぷりかけたジャージャー麺は格別です!

 

講師:鬼丸さきえ

(栄養士、フードコーディネーター、食育アドバイザー)

 

 

 梅雨の合間の蒸し暑い晴れにも関わらず、ここR-eco houseは朝からひんやり。

外は湿度70パーセントだというのに涼しい室内は、やはり珪藻土の壁のおかげです。

入ってくる日差しはキラキラと、雨上がりの緑で揺れています。

 

 さて今日は先日に引き続き、中華の鬼丸先生の登場です。

見た目にも鮮やかなジャージャー麺の他に、青菜とキクラゲの棒餃子、夏らしくとろける冬瓜スープ、そしてデザートにミニトマトのデザートマリネでした。

 

 

 

 同時開催で2Fではヨガのワークショップがあったため作っている工程はお伝えできませんが、お食事中の生徒さんに感想をお聞きすると、毎回おどろくほど簡単でおいしいものが出来るとにっこり。

特に今日のスープはとろけるお味のスープだそうで、干し貝柱と干し椎茸でとったお出汁と最後に入れるとき卵がお花のようにふわふわに仕上がってとろっとする秘訣だそうです。

 

 

 

 

 さらに鬼丸先生のお母様による手作りエプロンの展示も!

幼稚園、小学生の女の子だけでなく、男の子や親子お揃いなどレパートリーも豊富。

小さな子供でも出来るように後ろの紐はマジックテープ、三角巾もゴムではめるだけなど繊細な工夫がいっぱいでした。

販売もする予定だそうなので、ご興味ある方は鬼丸先生までお尋ねくださいね。

 

 

 

今日のワークショップについて、またこの先の「ツナガル」開催スケジュールについてはこちらをご覧ください。

 

【R-eco house】ツナガル で つながりませんか?

 

 

それではまた次回の開催報告をお楽しみに・・・

 

R-eco houseコンシェルジュ 栗原








こちらの記事もどうですか?:


    ウッドチップ壁紙(天然壁紙)のオガファーザーオガファーザーとはオガファーザーは、1864年、ドイツにあるブッターバール市…


      岡庭建設株式会社は、地域工務店として 低炭素社会に向けた住まいと住まい方を提唱し、 より良い環境社会実現に向けた活動…