メニュー

R-eco houseだより

「ツナガル」開催報告 10/18(木) [Sakie′s kitchen]

[Sakie′s kitchen]

 

「おうちで北京ダック

〜北京ダック風にパリッと焼いたチキンに
手作りのクレープを添えます。〜

 

講師:鬼丸さきえ

(栄養士、フードコーディネーター、食育アドバイザー)

 

 

 久しぶりのR-eco House便りの更新です。

季節は夏からすっかり秋に移り変わり、ここR-eco Houseもハロウィンで元気キッズが遊びに来た時のためにハロウィンカラーにデコレーション!

 

 

 

 今日は夏休み以来の中華料理教室。Sakie′s kitchenの鬼丸先生が、リクエストの多い北京ダック風チキンのクレープ包み等を教えてくださいました。

 

 今日のメニューは下記の3点です。

 

▪️北京ダック風パリパリチキンのクレープ包み…重しを乗せてパリパリに焼いたチキンを、自家製モチモチクレープで包んで頂きます。クレープは電子レンジであっという間に作れます。
 
 
 
▪️魚香茄子(四川風麻婆茄子)
今回は、ひき肉の代わりに枝豆を加えました。素揚げしてトロリと柔らかくなった
茄子がたまりません。仕上げにかけるお酢が味のポイントです。
 
 
 
▪️黒ごま汁粉
香港で定番の温かいスイーツ。
たっぷりと使った黒ごまの効果で、美肌や美髪も期待出来そうです。
 

 

皮をパリッパリに焼いた鶏肉を、電子レンジでチンしてお子様でも簡単に作れるクレープ皮に巻いて、好きな野菜を添えて食べるとの事。

簡単に書きましたが、その一つ一つに鬼丸先生ならではのマル秘テクニックが・・・!

 

 

 

 

 

 簡単、美味しいレシピを最初に説明。

生徒さん達は美味しい烏龍茶をいただきながら、和やかな雰囲気で熱心にメモを取っています。

 

 

 

 

 

使っている調味料は、日本でも簡単に手に入るものばかり。

先生のオススメはこれ!(左は黒酢、右は甜麵醬です)

 

 

 

 

5人がキッチンに立つと、さすがにR-eco Houseの広いキッチンもギュウギュウ詰めですが、この後鶏肉の皮をパリパリに焼くとっておきの技が登場したんです。

フライパンに皮目を下にした鶏肉を入れ、上にアルミ箔、さらにその上から水を入れて重くした鍋かヤカンをのせるんですって!

そのままじっくり焼く事で皮はパリパリ中はジューシーに仕上がりました。みなさんも是非試してくださいね。

 

 

 

 

 

今日のワークショップについて、またこの先の「ツナガル」開催スケジュールについてはこちらをご覧ください。

 

【R-eco house】ツナガル で つながりませんか?

 

 

それではまた次回の開催報告をお楽しみに・・・

 

R-eco houseコンシェルジュ 栗原








こちらの記事もどうですか?: