メニュー

IKEDA隊長コラム

フラット35中古タイプ「適合証明技術者」

住宅ローンの中で「フラット35」という商品を知っている方も多いかと思います。

 

質の高い住宅を条件に、35年間固定金利で借りられる長期住宅ローン商品で、

 

各金融機関と住宅金融支援機構が取り扱っています。

 

最近では新築住宅だけでなく、中古タイプや中古住宅+リフォームなど、既存住宅

 

の購入に向けた商品他、ラインアップも幅広いですね。最近は中古系も多いそうです。

 

新築住宅は、新たに一から建設するので、機構の判断で融資が実行されますが、中古住宅は

 

どの様に建設され、点検、メンテナンスしてきたのか中々わかりません。

 

そこで、中古住宅購入にあたっては専門性のある建築士がこのフラット35(中古タイプ)

 

の融資に適合する住宅か否かを判断する「適合技術者」制度を施行していて、2年に一度の

 

適合技術者講習会で受講し認められた人たちが「物件検査」を行いその判断を行うんです。

 

隊長も今から6年程前にこの資格を所得していて、現在岡庭建設では3名がこの適合証明技術者

 

の資格をもち、既存住宅の検査等を手がけています。

 

 

簡潔に言うと

 

中古住宅をフラット35の融資で借りたい!

物件検査(ここを適合証明技術者が行う「適合証明の発行」*物件合格の場合)

借入申込〜審査〜融資実行

 

という流れなります。→詳しくは住宅金融支援機構へ

 

最近は中古住宅購入+リフォーム、リノベーションの相談も多々ありますし、

 

この4月からの改正宅建業法により、中古住宅の状況を確認できる制度も整い

 

中古住宅からと考えている人も増えています。

 

中古住宅を購入する際には、この適合証明技術者、建物状況調査技術者のいる会社や人に

 

相談していくことをオススメします。(既存住宅への理解度が高いです)

 

当然、弊社でも適合技術者3名、建物状況調査技術者6名が在籍していますから

 

中古住宅から、と考えられているかたは気兼ねなくご相談くださいね。

 

 お問い合わせはこちら

 

 

 

隊長

 

 

 

おかにわのインスタグラム→「instagram]  

「#岡庭建設」「#okaniwastyle」「#おかにわ2017」

 

 

お問い合わせは→「お問い合わせフォームへ」

 

隊長へのご相談は→『住まいの相談箱へ』

 








こちらの記事もどうですか?:


    1 まずは電話やメールで相談 モデルルームやモデルハウスで、自然素材の空間を体感しよう! 2 中古住宅探し 気に入った…


    リンク先弊社との関わり国土交通省 経済産業省 林野庁 国土強靭化レジリエンス弊社池田が委員を務めます木を活かす推進協議会…