メニュー

IKEDA隊長コラム

西東京市で2世帯の家づくり始まる

西東京市での完成見学会の後は、またまた、西東京市での家造りの始まり始まり

 

(ハウスネーミングはこれからこれからですが m(_ _)m)

 

 

設計も終盤、着工も近づき先日は地鎮祭が執り行われました。

 

此度の地鎮祭は、お施主様のお知り合いでもある田無神社さん

 

雨や風と応答のできる神社様ということなのかわかりませんが、当初雨の予報でしたが

 

なんと、曇り空に・・・正しく自然と応答している神社様!です。

 

 

 

 

 

今回の家造りの計画は2世帯住宅。近年大変2世帯、3世帯の家造りを大変多く依頼頂いております。

 

同居型や完全2世帯など様々ですが、敷地の大きさや建物総面積から可能性を見出すことと、お施主様の

 

ご意向を含め方向性を決めていきます。この度は完全分離型の2世帯住宅となりました。

 

 

【2世帯・3世帯住宅建設に向けて】

 

2世帯住宅は玄関や駐車スペース、水回りや音の軽減など、様々な意向や考えなどから細部を考えて

 

行く必要があります。また、単世帯ではなく2世帯ですから、人の数だけ価値観が存在しますし、暮らし方も

 

当然ですが、家のデザインや素材の好き嫌いなどもあるかもしれません。2,3世帯住宅を計画する際には

 

少しでも早めにはお互いの考えを知り、話し合う機会を設けておくことをオススメします。そうしないと、

 

間に合うと思っていた期間以上に、設計期間なども掛かってしまう場合がありますからね。

 

 

今回のお住まいは、家族皆様の価値観も近くそれぞれの考え尊重し合いながら順調に進んでまいりました。

 

間もなく工事が始まり来年の春頃の竣工に向け作業が進んで参ります。

 

お施主様、この度は誠におめでとうございました!

 

 

 

隊長

 

 

 

 

 

 

おかにわのインスタグラム→「instagram]  

「#岡庭建設」「#okaniwastyle」「#おかにわ2017」

 

 

お問い合わせは→「お問い合わせフォームへ」

 

隊長へのご相談は→『住まいの相談箱へ』

 

 

 








こちらの記事もどうですか?:


     古紙を再生利用した断熱材、セルロースファイバー新聞残紙などの木質維持(木材の繊維)を主原料としたバラ綿状の断…


    マナー・安全管理にご理解ご協力下さい岡庭建設の建物見学会は、基本的に住まい手様のご注文により建築している建物をご覧頂いて…