メニュー

IKEDA隊長コラム

中古住宅購入/フラット35リノベ発売

 

  • 安心した中古住宅購入に向けての金融商品が、本日2016年10月1日に発売されました。

    その名も、「フラット35リノベ」!とシンプルなネーミングで、中古住宅を購入する際の

    住宅ローン35年の固定金利を建物だけでなく、購入時に併せて行うリノベーションまでの

    費用を融資してくれるという商品なんです。→詳しい内容は住宅金融支援機構へ

     

  • 【どの様な商品なのか】
    「フラット35リノベ」とは、性能向上リフォームにより住宅性能を向上させた中古住宅
    を取得する場合に、「フラット35」と借入金利を一定期間引き下げる制度です。

    より質の高い住宅にしていくために現状の住宅の耐震性や、省エネ性他、規定されてい
    る基準以上の性能に向上させていくことが「フラット35リノベ」のポイントです。

    一般的に中古住宅は築浅もありますが、年数が経過したものが多く、それらの住宅は
    現行の住宅と比べ性能が劣る場合も多いので、購入の際に性能を向上させようという
    ものです。

300317007%ef%bc%92

 

 

  • 【驚きは金利・・・】
    「フラット35リノベ」を利用する際に気になるのが金利ですが、性能が向上された住宅
    には大幅な金利引下げが設定されています。なんとその引き下げ幅が、金利Aプランです
    と年▲0.6%!。基準金利にもよりますが、2016年10月頃の金利で1.0%前後
    の金融機関が多いので、金利Aプランですと当初10年間1.0-0.6=0.4%前後の金利とな
    ります。ここに住宅ローン減税がくると・・

    現在、マイナス金利政策が施行している関係もあり、住宅金利ローンが驚くほど安い状態
    の中に質の高い住宅へのアシストがとても手厚い時代ですね。

300317007%ef%bc%93

 

【住宅性能と金利の関係】
「フラット35リノベ」には2つの基準金利が設定されています。最も性能を高くした場合
に適用される金利Aプラン(引下期間10年)と、一つ下に設定されている金利Bプラン
(引下期間5年)。それぞれに住宅の性能にハードルがあり、その性能に達すると適用さ
れます。主に4分野「省エネ」「耐震」「バリアフリー」「耐久性」。などです。

様々に基準や注意手もありますから、詳しくは住宅金融支援機構の「フラット35リノベ」
HPをご覧頂くか、取扱をしている弊社にご相談くださいね。
性能向上された作品例や取組は→おかにわリフォーム工房へ

 

【中古住宅の選定は現場の分かる建築士がオススメ】

とは言っても、購入時の中古住宅の性能って、皆様には分からないですね。これからの中古
住宅は、自分だけでなく現場のわかる建築士と一緒に見に行くことが大事です。この現場が

分かるというのがとても重要。隊長を含め、岡庭建設の建築士は6名おりますが、全て設計
と施工を一緒に携わってきた建築士。そう、現場の状況の見極めができる建築士なんです。

ですから、建築士の資格だけでなく「既存住宅現況検査員」(いわゆるインスペクター)と
いう資格を全員所得しています。この資格を所得していると、中古住宅の売買の際に、住宅

検査を行い、国の指定する瑕疵保険団体商品、「中古住宅瑕疵保険」の付保を決定できる
ことができます。正しく公的な資格でもありますね。

 

【中古住宅の物件選定がこれから重要であること】

当然、良い中古住宅に出会うことが重要ですが、この「フラット35リノベ」を上手く活用
する物件選定方法もありますから、考え込まずにしっかりと相談しながら、そして一緒に
物件を選定していきましょう。

 

以上建築士にインスペクター資格をもっていた「隊長」でしたー
 
隊長へのご質問や、お知りになりたいことは「隊長の相談箱へ」
隊長のFBはこちら。(日々の取組ボチボチ更新してます・・笑)







こちらの記事もどうですか?:


    1 まずは電話やメールで相談 モデルルームやモデルハウスで、自然素材の空間を体感しよう! 2 中古住宅探し 気に入った…


    H26年度国土交通省『中古不動産取引における情報提供促進モデル事業』に採択されました!     中古住宅流通市…